慢性腎不全(G4~G5)の腎臓病食レシピ

当カテゴリー「腎臓病食レシピ」では、慢性腎不全(G4〜G5)の夫に対する腎臓病食のレシピを公開しています。
夫が「慢性腎臓病」と診断されたのが、2020年でした。
それを機に、栄養士さんから腎臓病食の栄養指導をしていただきました。
私は、その指導により食材・食品を選び、調理方法を変更しました。

レシピは、完全な私のオリジナルですが、これは主治医の先生による見立てと温存療法、そして栄養士の先生の指導がなかったら、この指導はありません。
この場を借りて、感謝申し上げます。

腎臓病食レシピについて〜金欠の月半ばの献立もご覧ください

慢性腎不全の夫へ向けて、ちひろ家で作っている腎臓病食レシピです。
高タンパクかつ塩分・カリウムを制限しています。

お給料日前は冷蔵庫に残った食材で作るために、満足な種類の食材が使えないこともあります。
ですが、金欠でも高タンパクかつ塩分・カリウム控えめなレシピを作るようこころがけています。
ちなみに、夫は腎機能の温存に前向きな医師のもと、まだ透析はしていません。リンの摂取制限もありません(2021年7月現在)。

ちひろ家の食事療法

慢性腎不全の食事療法を家庭でスタートするにあたり、栄養士さんから指導を受けました。
成分は30代成人男性の目安量を基準に、個人の治療へ落とし込んだものです。

  • タンパク質は1食20g
  • 1日あたりの塩分摂取目安量は5.5g(使う調味料・調理方法の見直し)
  • カリウムの摂取を控える(使う食材・調理方法の見直し)
  • 心不全の合併症予防に、1日の水分量は1.5L前後(献立の見直し)

補足:腎機能と塩分摂取量について進展がありました。

1年前の検査入院時はG5でしたが、夫の体質上の特性もありなぜかG4レベルの腎機能に落ち着いています。
とはいっても、夫は菓子パンやお菓子を食べるのが好きです
これを考慮し、1日3食の献立で摂取する塩分量は3gを目標にしています

(2021年7月現在)夫の慢性腎臓病が発覚した1年前の検査入院ではステージG5と、確かに診断を受けました。これについては、このページの後半に記載しております、夫の病歴をご覧ください。また、最近は間食をしないようになりました。そのため、1日3食の献立で摂取する塩分については、栄養士の指導に基づき5.5gに変更しています。

ちひろ家・夫の病歴と現状について(2021年7月現在)

以下、夫の病歴です。
県外への転勤に伴い転院を繰り返してきましたので、それぞれ異なる病院、医師による診断です。

  • 1院目:2011年頃(28才)
    「糖尿病性腎症」と診断される。ステージは比較的まだ浅いものの、「糖尿病性腎症」の食事療法を開始。
  • 2院目:2014年頃(31才)
    転勤に伴い転院。「2型糖尿病」と診断される。「糖尿病性腎症」のステージも悪化。改めて栄養指導を受け、食事療法を継続。
  • 3院目:2019年頃(36才)
    転勤に伴い転院。転勤し、不調のため医者にかかったところ「うっ血性心不全」の症状と診断を受ける。
  • 3院目:2020年頃(37才)
    昨年と同じ病院で、同じ梅雨時期に「うっ血性心不全」の症状が再発。しかし処置が昨年と同様で終わってしまったため、私が直接、総合病院による検査を掛け合って頂いた。
  • 4院目:2020年頃(37才)
    総合病院による検査により、「うっ血性心不全」は「慢性腎臓病」の合併症だと診断を受ける。ステージはG5。即、検査入院となる。同時に、家庭での食事療法に関する栄養指導を受けた。主治医は温存療法に前向きな先生で、透析は近々に行わず、投薬と食事療法によって腎機能を維持していく方針。
  • 4院目:2021年7月現在(38才)
    同総合病院で内科・循環器科による治療を継続中。退院後の検査の結果、心臓の異常は今のところ見られていない。また内科の主治医によると、夫の腎機能は安定してステージG4とのこと。入院時は腎機能がG5まで低下していたのだろうとのこと。投薬治療とは別途、水分調整や当カテゴリーで紹介する腎臓病食レシピによる食事を、今後も継続していく。先日、障害年金の手続きにあたり、1年前に受けた「慢性腎臓病」という病名は「慢性腎不全」に変わっていた。

病名の推移とタイトル・サムネイルについて

前述のように、夫の病名は「糖尿病性腎症」→「慢性腎臓病」→「慢性腎不全」と推移してきました。
これからも、病名ならびに病状は移り変わって行くと思いますので、今後はこちらのページで現状を報告したいと思います。

タイトルとサムネイルは、慢性腎臓病を経て現状の「慢性腎不全」という病名に変更しました。

歯車が噛み合って回り始めたところ

夫本人は、水分調整や今まで好きだった間食を控えるなどして調整していますし、私は食事療法、医師は温存療法の考えに基づく投薬治療によってサポートしていただいています。
夫と私の仕事の歩みや、夫と医師との相性など、様々なことがやっと同じ方向をむき出したのは、4院目の総合病院を受けたあたりのことでした。
これが契機となり、今となっては少しだけ落ち着きました。
思い返せば、2011年からの怒涛の転勤ラッシュ・過密労働は、夫が中堅社員となり、管理職に落ち着いたからこそ、すこし緩和されたと思います。
今まで選んでこられなかった「健康第一」が、今になって叶い始めています。

しかし残念ながら、腎機能は良くなることはなく、やがて不全になっていくものです。
遅かれ早かれ、人間はみんな同じです。
ちひろ家では現在、主治医の方針に伴い、すぐには透析せずに様子を見ている状態ですが、近い将来、夫が透析を行なうことはほぼ確定しています。
抗わず、夫には若い20代初期に生じてしまった、というだけです。
でも、もちろん温存できるものを活用しないともったいないので、私も医師も諦めてはいません。

調理方法や食材・食品の選び方を知りたい方

レシピでは、調理の方法と、おとな1人分の栄養素をまとめています。
レシピ全体を通して、慢性腎不全の食事療法に配慮している事柄は、下記のとおり別途まとめました。

  1. ちひろ家が使っている食材や食品を知りたい方はこちら
    慢性腎臓病(慢性腎不全)の献立に役立つ食材・食品の選び方
  2. ちひろ家の調理方法を知りたい方はこちら
    慢性腎臓病(慢性腎不全)の家族のための調理方法
  3. ちひろ家が使っている調味料を知りたい方はこちら
    慢性腎臓病(慢性腎不全)の食事療法に助かる調味料&症状に合わせた使い方

みなさまのアレンジも教えて下さい

コメント欄もアクティブな情報共有の場にしていきたいと考えております。
レシピを見て、「実際に作ったよ!」って方、いらっしゃればコメントもお待ちしております。
アレンジも教えて下さい!

また、当サイトではPinterestでもレシピを公開しております。
アカウントをお持ちなら、「試してみた」ボタンから拡散していただくのも嬉しいです!

レシピの著作権について

当カテゴリーで紹介するレシピの著作権は放棄しておりません。
改変・商用利用はおやめください。
引用・複製の際は、法律に則った方法でお願いたします。

腎臓病食レシピ

鶏ももの唐揚げとしめじのソテー【ちひろ家の腎臓病食】

夫が息子の食事を作ってくれたときのレシピです。このとき、夫は3枚の鶏もも肉を使い果たしてしまいました…。ご飯は少量、唐揚げと鶏肉の脂質でエネルギーを補います。ちょっと多すぎたので、翌朝3人分の朝食と夫のお弁当のおかずにもなりました。
腎臓病食レシピ

和風たらこスパゲティ【ちひろ家の腎臓病食】パスタと鮭の切り身で金欠料理

パスタは麺類の中でも高タンパクな食品。乾麺だと安く売っているので、ちひろ家では、金欠のお給料日前に大活躍!今回は朝食の鮭が残ったので、鮭も使って和風な味つけに仕上げました。
腎臓病食レシピ

ミートソースナポリタン【ちひろ家の腎臓病食】パスタ麺で高タンパク料理

ミートソース風ナポリタンスパゲティは、ミートソースよりも胃に軽く、野菜も補えるので、よく作ります。エネルギーはミンチの脂質から、高タンパクなパスタは、我が家の腎臓病食に欠かせません。お弁当の作り置きもできました。
腎臓病食レシピ

鶏ささみで無塩ハーブオイル漬けと生春巻き【ちひろ家の腎臓病食】

鶏ささみのオイル漬けは無塩でハーブを効かせているので、味付き唐揚げ粉やソースを付けて食べたい方におすすめです。一方、鶏ささみの春巻きは冷凍パプリカを巻いて節約しました。今回の栄養表では大人1人あたり5本として計算しています。
腎臓病食レシピ

金欠でも作れる八宝菜【ちひろ家の腎臓病食】

この八宝菜、金欠のときには必須の冷凍シーフードを使います。コスパがよく、腎臓病食にはもってこいの食材です。そもそも、甲殻類や貝類は高タンパクな食材!片栗粉なしのスープと比べてしっかりした味に感じるので、腎臓病食を始めたての方にもおすすめのメニューです。
腎臓病食レシピ

皮付きじゃがいものポテトサラダ 【ちひろ家の腎臓病食】

このポテトサラダ、前回の「赤魚と野菜の煮物」に添えました。カリウムが気になったので、野菜はしっかりめに茹でています。玉ねぎが柔らかくなりすぎたので、メークインは皮付きのまま潰しました。皮のシャリシャリした食感が、良いアクセントになりました。
腎臓病食レシピ

慢性腎臓病(慢性腎不全)の 献立に役立つ食材・食品の選び方

ちひろ家では、慢性腎不全の夫に向けた食事療法のために、塩分・カリウムの1日摂取目安量を制限した献立を作っています。この記事では、どのような基準で食材を選び、どのような食品を選ぶと調理が楽なのかを紹介しています。
合理的生活

はじめまして。カテゴリー紹介です

当サイトの道しるべ的なページとして、初めて訪問された方のためにカテゴリー概要を紹介します。より詳しい内容は各カテゴリーページでお伝えしており、すぐ見て頂けるようページリンクも設けていますので、まずはこちらをご覧ください。
腎臓病食レシピ

慢性腎臓病(慢性腎不全)の 家族のための調理方法

慢性腎不全の夫に向けた腎臓病食の調理方法を紹介しています。慢性腎不全の家族が、栄養指導を受けた際に教えていただいた方法を下にお伝えします。
腎臓病食レシピ

慢性腎臓病(慢性腎不全)の食事療法に 助かる調味料 &症状に合わせた使い方

管理人・ちひろが実際に使ってきた調味料を紹介します。調味料選びのコツもまとめています。
腎臓病食レシピ

赤魚と野菜の煮物【ちひろ家の腎臓病食】

タンパク質を効率よく摂取できる魚類。中でもスーパーで比較的お手頃な「赤魚」の切り身を使って、お給料日前の財布カツカツ煮込みレシピに挑戦しました。
腎臓病食レシピ

ちゃんちゃん焼きとタコわかめ【ちひろの腎臓病食】金欠時の高タンパクメニュー

ちゃんちゃん焼きはお給料日前に1回は食べています。鉄板焼きのイメージですが、今日はフライパンで作りました。タコわかめはゴマとポン酢であっさりと。大人にはイカの刺身を、息子にはイカのお寿司を。暑くなってきたので、タコで元気になりましょう!
腎臓病食レシピ

3才息子の糠床

今回は、腎臓病食とは違う番外編です。漬物、とくに塩分の多い糠漬けは、夫の献立において避けてきましたが、夏になると食べたくなるそうです。息子にとっては、砂遊びの延長線で楽しそうです。もちろん、かぶれないように手袋をはめて。
腎臓病食レシピ

土鍋で鯛めし&梅煎り酒!釣った鯛の刺身は美味しかった!

今夏はじめ、家族3人で釣り堀で鯛を釣ってきました。帰宅後、さっそく3匹をさばき、3枚卸にした身は、刺身と昆布締めに。そして、アラを焼いてほぐした身は鯛めしに。新鮮なお刺身はぷりっぷりの弾力。<br><br>そして今回はじめて、お刺身をお手製の「煎り酒」で食べてみました。夏なので、梅干しと一緒に煮詰めた「梅煎り酒」で、さっぱりと戴いています。
腎臓病食レシピ

ただの主婦が息子の大好きな寿司を握った【なかなか上手くいかん】

新型コロナ感染症に伴う緊急事態宣言の期間中、我が家では外食を控えていました。いつもなら回転寿司屋さんに行くのですが、行きませんでした。そこで僭越ながら、私が寿司を握ることにしました。
ちひろをフォローする
タイトルとURLをコピーしました