一軒家に定住しました!今後は「元・転勤家族」として発信していきます☺ Settled in a house! In the future, we will send it as a "former transfer family" ☺

【①序章】現代貨幣理論(MMT)を理解するためのブロックチェーン

【①序章】現代貨幣理論(MMT)を理解するためのブロックチェーン調べたこと
この記事は約3分で読めます。
Sponsoring

私は金融のことに一切興味がなかったです。でもだんだん気になってきました。今回は、そんな前置きから「現代貨幣理論(MMT)」を知ろうとした足あとを残します。「現代仮想通貨のこと全然分からへんけど気になる」とか「仮想通貨とか電子マネーアレルギー」という文系・アナログ人間な方には読みやすいかも。本域の部分を既にご存知の方にとっては、面白くない記事だと思います。

今回出てくる新しい言葉

さて、今回は、以下の新しい言葉が出てきました。

  • ブロックチェーン

深堀した話は、次回に解説します。ちなみに今回は、本題の「現代貨幣理論(MMT)」までたどり着かないです。というのも、現代貨幣理論(MMT)を調べていたら、「ブロックチェーン」という言葉がヒットしたからです。だから、今回はブロックチェーンがどんな仕組みで、どんなふうに使われてきて、今はどんなものなのかというところを整理することにしました。では、はじめましょう。

【序章】「現代貨幣理論(MMT)」を調べたら「ブロックチェーン」がヒットしたんだけど

「さっそく本題から反れるの?」と思いました。経済評論家がよ〜く言う「ブロックチェーン」がヒットしたということで、現代貨幣理論(MMT)と関係がありそうです。そこで調べてみると、こんな記事を見つけました。

ブロックチェーン技術とは情報通信ネットワーク上にある端末同士を直接接続して、取引記録を暗号技術を用いて分散的に処理・記録するデータベースの一種であり、「ビットコイン」等の仮想通貨に用いられている基盤技術である第1部 特集 人口減少時代のICTによる持続的成長/総務省

なんでも、ブロックチェーンとは情報通信ネットワークに繋がっているパソコンやスマホ等の端末同士を接続させてクモの巣状のネットワークをつくり、それらの間で「取引記録」や「暗号技術」なるものを利用するデータベースの形式のひとつ、とのこと。このブロックチェーン型の情報通信ネットワークでは、取引記録や暗号技術が分散的に処理され、記録までが行われていて、このブロックチェーンという技術を基盤に、ビットコインをはじめとした昨今の仮想通貨が形成されているんだって。

小難しいですが、こんなふうに聞くと、「あぁ、あの記者会見でビットコインの社長さん見たわ」と、記憶にある方もいらっしゃるのでは??私は「へぇ、あのビットコインはそうだったのねぇ」と、興味を持ちました。調べてみると、ブロックチェーンが知られ始めた初期の頃のイメージは正にこうだということが判りました。でも、現代のブロックチェーンにおいての定義付けはこれだけでは通用せず、もはや狭義となってしまいました。それだけブロックチェーンが普及して、広く使われ、令和3年の現在では次のような広い意味をもつのでした。

は?みなさん、じんましん出てません?私は肩が凝ってきました。でも、この前、情報番組の「スッキリ」でやっていた「電子署名」が分かるようになりそうな気がしてきました。そして、直感ですが「量子パソコン」に関してもちょっと繋がってきそうな気がしてきました。

【今回の図解】情報ネットワークの管理体制:ブロックチェーンができる前と後

ブロックチェーンができる前と後

先ほど引用した2つの内容から、情報ネットワークの管理体制の推移を図解してみようと思います。図のとおり、これまでの「①ブロックチェーンができる前」から「②ブロックチェーン」へと推移していっています。今回はこれにて締めくくります。あんまり長くなっても混乱しますからね。じゃーまたね。

comment

タイトルとURLをコピーしました