ちひろ家の防災グッズ【数日間、物資支援や人的援助を受けられない事態に】

数日間、物資支援や人的援助を受けられない事態に備え、防災グッズを用意してみました。合理的生活
この記事は約12分で読めます。
Sponsoring

私は「子どもであっても自分の荷物で数日間生き延びろ」という考えです。新型コロナ禍の日本で、台風や地震により被災した地域におけるニュースを注視していましたが、衛生上の心配があり市外地からの物資輸送や人的援助が行われない期間があったようです(どの災害のことなのかは名言を避けますが)。なので今回は、「家が倒壊して避難所も被災してしまった」という、最悪の事態に備え、あったら役立ちそうな防災グッズを用意しようと思った次第です。私自身、家が機能しなくなったり避難した経験はないので、被災経験はほぼ無いに等しいですが、それでも今まで転勤族として色々なタイプの町や住まいや立地を体験してきて思うところがあったので、そういった立ち位置で防災グッズを厳選してみました。

ちひろ家の防災グッズは震災・津波・水害を念頭に厳選

今住んでいる自宅がある町は、全体的に海抜が低いです。それに自宅は港から近い場所…。だから震災では津波被害の可能性も否定はできません。

また、自治会の方に伺った情報では、台風で度々冠水している地域らしいのです。そのため雨による水害の可能性があることも分かりました。そのため、ちひろ家では次のことを踏まえた防災対策の必要性があると考えました。

  • 震災時の断水対策(上下水)
  • 避難所までたどり着くためのいくつかの経路を確認すること
  • 津波の緊急避難先

震災・水害を想定した防災グッズを厳選

市販のものはリュックタイプが多いですが、車が使えず歩いて避難することを前提として考えると、キャリーケースのほうが楽だろうとイメージしています。それは、市販の防災グッズに衣類が加わるからです。自宅周辺の道路は起伏があり、小さい子供も私達夫婦も、それぞれが食品と衣類を背中に背負うのは無理があると思いました。なのでやはり、リュックよりキャリーケースが無難かな。そんな発想から、ちひろ家が考える震災で使える防災グッズを揃えてみました。

厳選した防災グッズをカテゴリーごとに紹介

上記のとおり、最悪のケースをふまえて数日間をしのげる程度のボリュームで厳選しました。また、子供の持ち物についてはできる限り軽量化をさせていますが、大人の持ち物と機能性は変わりません。子供だけでも生き延びられるようにという思いからです。補足ですが、選んだ防災グッズをひとつのページに掲載する際に商品リンクの読み込みが一度にできないことがあります。その際は、お手数ですがページを再読込みして商品をご覧下さると助かります(_ _;)

①貴重品・必需品

②キャリーケース・ヘルメット・寝具・衣類

③非常食・飲料水・カトラリーなど

④情報関連・常夜灯

⑤季節用品

⑥衛生用品

⑦サニタリー・トイレ

⑧据え置きタイプのポータブルトイレ

こちらは持ち運び用ではなく、屋内やバルコニーなどに置いて使うポータブルトイレです。うちは夫の体重が100kg弱ということから、耐荷重を重視して選んでいますが、コスパの良いものやテント付きのものなど様々ですので、お好きなタイプを選びましょ。断水時にも使えます。

その他、防災意識UPのためにちひろ家が取り組むこと

ろ過したばかりの水を飲むなんて、遭難や被災したときにさえ、するかどうかわからない。ポータブルトイレもそう。折りたたみポリバケツは色違いでそれぞれ持っているけれど、いざという時にちゃんと使い分けられるのか…。夫は結構不器用で、折りたたみ製品を壊さず広げて使えるか心配だし、息子に関しては、他の人といるときに自分の所有物として管理しながらシェアするやり方を身につけてほしい。

私は主婦という側面もあるので、家族に対してそんな不安も抱いています。

こうした観点から、不器用でも使えて、できるだけ軽量でコンパクト、充電器などの高価なものは他人に奪われないように格好のわかりにくいもの…などと、あれこれ考えて防災グッズを揃えました。

キャンプに行って防災グッズを使ってみる

有事に使い方が分からないのは私も一緒のはずなので。それなら、家族で非日常を体験して、防災グッズを使ってみようと思っています!防災にキャンプを活用するれば、家も自治会の避難所さえも被災してしまって居場所が失われた場合に、子ども一人でもなんとか数日はやっていけるのではないかと…そうであってほしいと思います。子どもを巻き込んで大人がやらなきゃ、ただ記事を公開しているだけになってしまいますからねぇ。

幸い、私達が居住する市にはキャンプ施設がいくつかあったので、新型コロナ感染症の渦中ではあるものの、落ち着いた頃にキャンプに行くことはできそうです。

こんな感じで、「こんなときはどうしようかね?」みたいなことを子どもを巻き込んで大人が一緒に考えて、家族で防災意識をもつことに繋がったら良いなと思います。

パパママ世代が習った地図記号は変わっている!スマホなしで避難所に行けなくては子供が困る

タイトルのとおり、今はちひろ夫婦が学校で習った地図記号が使われなくなり、国際的に通用する地図記号に置き換わっています。たしか、東京オリンピックの誘致活動の一環だったような…?だから、防災マップの読み方はもちろん、実際に周辺地域を歩いて地図記号と照らし合わせることは大切なことだと考えています。

実は、私が息子とほぼ毎日行なっている散歩には、ある計画がありました。息子が2歳になって歩けるようになってからずっと、(大人で)片道30分の距離を散歩していたのは、交通ルールを体感してもらうためでもあり、5歳〜6歳頃に防災マップや地図記号を読めるようになるために取り組んでいたことなんです。

ちなみに、大人の足で片道30分と言っても、子供のペースや興味に合わせて休憩をとりながら、ということですよ。

まぁそれで、息子と散歩に出かけていたのは、防災グッズを既に用意している方や、被災経験のある方はやはり、防災グッズに周辺地図とハザードマップを入れておくことは必須。夫は勤務先に車で行っており、ちょっと遠いので、遠出は得意だけど自宅周辺の小道や抜け道、避難所の場所や海抜などの情報にはめっぽう疎い。その点、私は意識して周辺の探索をする意味でも子どもと散歩に行ったりしていたので、夫と正反対かもしれません。

小さい子には治安が不安定になること前提で所有物の共有の仕方を教えておく

子供に防災グッズの使い方は教えられたとしても、子供が他人から「〇〇を貸してほしい」と尋ねられたらどう言えば良いでしょう?大人はある程度対応できたとしても、子供の場合は消耗品まで貸してしまうことだってあるでしょう。

所有物の貸し借りまで考える親御さんはどれくらいいらっしゃるでしょうか?もし親御さんが被災してしまったら、子供は一人で生きていかなくてはいけません。また、被災した初期の頃は避難所のプライベート空間が区別されておらず、就寝中の盗難に遭うことだってあるはずです。ちひろ家では、子供が5、6歳になったら「こんなときどうする?」という感じで、日頃から自分が持っている所有物の共有の仕方まで教えておきたいと思います。

  • 消耗品は帰ってこないからできるだけ貸さない
  • 貸したら戻ってこないと思って貸すこと
  • 貸すときには使ったら返してもらうように言うこと
  • 相手にも何か貸してもらうこと

念のため、すべての持ち物には名前を書いておこうと思います。

まとめ

そんなわけで、今回は家も避難所も入れない、という想定で防災グッズを選んでみました。日本は公衆衛生に対しても理解がある国ですが、新型コロナ感染症の渦中にいると避難所が機能しないこともあるのではないかと心配になっています。家は倒壊したとしても、最悪自宅の庭など屋外でキャンプ生活できれば、防災グッズを備蓄していた意味があるということになります。いざというときのために、それぞれが考えておきたい問題ですね。

comment

タイトルとURLをコピーしました