赤魚と野菜の煮物【ちひろ家の腎臓病食】

我が家で作った赤魚と野菜の煮物のレシピと参考の栄養素を紹介します。腎臓病食レシピ
この記事は約4分で読めます。
Sponsoring

タンパク質を効率よく摂取できる魚類。
中でもスーパーで比較的お手頃な「赤魚」の切り身を使って、お給料日前の財布カツカツ煮込みレシピに挑戦しました。

夫はこの1年間で食がかなり細くなっており、いかに効率よく栄養を摂取するかを考えると、自然と魚や赤身の牛肉を使った献立を考えるようになりました。

調理風景はYou Tube「ちひろの食サポ」で観ることができます。ぜひご覧ください。赤魚と野菜の煮物&ポテトサラダ【ちひろ家の腎臓病食】/ちひろの食サポ-腎臓病食レシピ

Sponsoring

赤魚と野菜の煮物

白身魚だったら赤魚でなくとも良いです。

材料

  • 赤魚の切り身 2切れ
  • 人参皮付き 1本
  • しめじ 1袋
  • 酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 醤油 大さじ2

所要時間 ,分量 3人分.

作り方

  1. 赤魚を湯引きして臭味をとり、皮にバツ印の切り込みを入れます。
  2. 人参は皮付きのままヘタを取って乱切りにし、しめじは石づきを取ってほぐしておきます。
  3. 適量の水に酒・みりんを加え、鍋でひと煮立ちさせたら、赤魚と野菜を入れます。
  4. 10分ほどしたら人参に日が通ったのを確認して、醤油を加えてさらに10分ほど煮込みます。
  5. 火を止めて味が染み込んだら完成です。

栄養成分表(1人あたり)

1人分の栄養素です。参考文献はこの記事の最後に掲載しています。作った分量を、上記の通り人数分で割り出しました。

一般成分(1人あたり)

  

    

    

    

    

エネルギー(kcal)水分(g)タンパク質(g)脂質(g)炭水化物(g)食塩相当量(g)
105.7108.410.71.910.41.4

ミネラル(1人あたり)

    

    

    

カリウム(mg)カルシウム(mg)マグネシウム(mg)リン(mg)鉄(mg)亜鉛(mg)
327.022.724.7136.70.40.5

ビタミン(1人あたり)

    

    

ビタミンD(μg)ビタミンK(μg)ビタミンB1(mg)ビタミンB2(mg)ナイアシン(mg)ビタミンB6(mg)ビタミンB12(μg)葉酸(μg)パントテン酸(mg)ビオチン(μg)ビタミンC(mg)
1.83.70.10.12.00.10.915.30.62.51.3

栄養成分表は実際に使用した調味料ではありません。この成分表には煮汁やスープに流出した栄養素や水分も含んでいます。多くの腎臓病の方は、煮汁やスープを飲まないようにしていらっしゃると思います。こうした背景から考えても、栄養成分表は目安としてお考え頂くのが妥当かと思います。

参考文献

日本食品標準成分表2020年版(八訂)から引用/文部科学省

Sponsoring

comment

タイトルとURLをコピーしました