鶏ささみで無塩ハーブオイル漬けと生春巻き【ちひろ家の腎臓病食】

鶏ささみで無塩ハーブオイル漬けと生春巻きを作りました。そのレシピと参考の栄養表です。腎臓病食レシピ
この記事は約8分で読めます。
Sponsoring

鶏肉のささみをオイル漬けにします。無塩でハーブを効かせているので、味付き唐揚げ粉やソースを付けて食べたい方におすすめです。自分たちの好みに合うブレンドでクセが少なく、家族みんなが食べやすいようにしました。カレーに入れるハーブとしておなじみなので、カレー好きな方は試してみては?一方、鶏ささみの春巻きは冷凍パプリカを巻いて節約しました。大人なら、1人7本〜8本くらいは食べられると思いますが、今回の栄養表では1人あたり5本として計算しています。

調理風景はYou Tube「ちひろの食サポ」で観ることができます。ぜひご覧ください。無塩のささみオイル漬けと生春巻きを作る【腎臓病食ささみ2パックで】/ちひろの食サポ-腎臓病食レシピ

鶏ささみで無塩ハーブオイル漬けと生春巻き【ちひろ家の腎臓病食】

味つけの唐揚げ粉やソースをかけたい方におすすめ。

材料

  • 生の鶏ささみ 6本(330g)
  • カルダモン 2粒
  • クミン 小1/2
  • クローブ 2粒
  • コリアンダー 小1
  • オリーブオイル 小1
  • エキストラバージンオリーブオイル 小1

所要時間 ,分量 3人分.

作り方

  1. カルダモン・クミン・クローブ・コリアンダーをブレンドする。粒をすりこぎで簡単に砕く。
  2. オリーブオイルと砕いたハーブをバットに入れ、ハーブの香りを移す。
  3. 生のささみ6本を漬けて完成。

鶏ささみの生春巻き【ちひろ家の腎臓病食】

鶏ささみの生春巻き

材料

  • 冷凍パプリカ(赤・黃・緑) 150g
  • 鶏ささみ 10本(550g)
  • 生春巻きの皮 15枚くらい(150g)
  • チリソース 適量

所要時間 ,分量 3人分.

作り方

  1. ささみを茹でる。
  2. ささみは身をほぐしておく。
  3. 冷凍パプリカを茹でる。
  4. 具材を生春巻きの皮に包んで完成。

鶏ささみの無塩オイル漬けの栄養成分表(1人あたり)

鶏ささみの無塩オイル漬けを1人2本分として計算した場合の栄養素です。参考文献はこの記事の最後に掲載しています。全体の分量に対する栄養素から1人分を換算しています。割り切れなければ、少数第2位以下を四捨五入しています。

一般成分(1人あたり)

  

    

    

    

    

エネルギー(kcal)水分(g)タンパク質(g)脂質(g)炭水化物(g)食塩相当量(g)
12682.526.32.90.10.1

ミネラル(1人あたり)

    

    

    

カリウム(mg)カルシウム(mg)マグネシウム(mg)リン(mg)鉄(mg)亜鉛(mg)
4504352600.30.7

ビタミン(1人あたり)

    

    

ビタミンD(μg)ビタミンK(μg)ビタミンB1(mg)ビタミンB2(mg)ナイアシン(mg)ビタミンB6(mg)ビタミンB12(μg)葉酸(μg)パントテン酸(mg)ビオチン(μg)ビタミンC(mg)
0140.10.1213.20.680.2172.283.13

鶏ささみの生春巻きの栄養成分表(1人あたり)

鶏ささみの生春巻きを1人分5個として計算した場合の栄養素です。参考文献はこの記事の最後に掲載しています。全体の分量に対する栄養素から1人分を換算しています。割り切れなければ、少数第2位以下を四捨五入しています。

一般成分(1人あたり)

  

    

    

    

    

エネルギー(kcal)水分(g)タンパク質(g)脂質(g)炭水化物(g)食塩相当量(g)
412183.355.12.147.21.2

ミネラル(1人あたり)

    

    

    

カリウム(mg)カルシウム(mg)マグネシウム(mg)リン(mg)鉄(mg)亜鉛(mg)
80025794601.41.6

ビタミン(1人あたり)

    

    

ビタミンD(μg)ビタミンK(μg)ビタミンB1(mg)ビタミンB2(mg)ナイアシン(mg)ビタミンB6(mg)ビタミンB12(μg)葉酸(μg)パントテン酸(mg)ビオチン(μg)ビタミンC(mg)
0170.20.2820.91.330.5523.310.184

栄養成分表は実際に使用した食品や調味料ではないため、あくまでも目安としてお考え頂くのが妥当かと思います。

参考文献

日本食品標準成分表2020年版(八訂)から引用/文部科学省

Sponsoring

comment

タイトルとURLをコピーしました