一軒家に定住しました!今後は「元・転勤家族」として発信していきます☺ Settled in a house! In the future, we will send it as a "former transfer family" ☺

ダイニングテーブルの高さは60cm。家族の体格に合うイームズチェア

家族の体格や身長に合うイームズチェア選びをしています。いっしょに使う
この記事は約6分で読めます。
Sponsoring

私はずっと、子どもの成長や家族の体格の違い・インテリアや家の雰囲気・用途という要素について、合格点をとれる椅子がほしかったんです!

「これだ!」と言えるまで苦労したのですが、ようやく方向性が決まり、ちひろ家では「イームズチェア」を選ぶことにしました。家族それぞれに異なるメーカーの椅子を選んだとしても、色や質感の似た椅子を揃えられるのは、イームズチェアの良さではないでしょうか?

現在、息子が4歳を迎えようとしており、身長の成長目覚ましい今日この頃。この時期に、家中の椅子を買い換えようとしております。そして、今回買い替えたら、息子が大人になっても使っていきます。つまり買い替えは今回で最後。

この記事では、椅子にこだわりをもつ私達のこだわりポイントと合格点を共有します。その上で、家族それぞれに納得できるイームズチェアを選びましたので紹介します。

Sponsoring

ダイニングチェアーに対する私達の及第点

家族の体格や身長に合うイームズチェアの選び方はこうなりました。

  • 夫:回転式が好みでアームチェアタイプならなお良い、耐荷重100kg以上、太ももに厚みがあるため座面の高さは40cm前後が良い(テーブルの高さに合わせて)
  • ちひろ:お客さん用と一緒で良い、骨が椅子に当たって痛いのでクッション付きが良い、背筋が立つのでラウンドチェアが好き、掃除が楽なレザーが良い
  • 息子:回転しないタイプが良い、座面の高さが45cm程度ほしい、背筋の立つラウンドチェアが良い

このように、私達家族は体格差が大きいため、それぞれに心地よい椅子が異なることが判りました。特に3歳の息子に関しては、大きくなっても座れることを考慮する必要がありました。ちなみに、夫の椅子について、座面の高さが40cm程度が良いという結論に至ったのは、夫の太ももの厚みが20cm強あることと、テーブルの高さが60cmというところから逆算した結果です。

上記の結果をもとに、私達のダイニングに最適だと思われるイームズチェアをご紹介します。

我が家のダイニングテーブルにぴったりなイームズチェアの候補とクッション

これからご覧にいれるイームズチェアは、ダイニングテーブルの高さが60cm程度のご家庭で参考になると思います。また、コスパや掃除のしやすさも考慮していますので、どうぞご覧ください!息子に関しては骨盤が滑りにくく、ずっとフカフカのままのクッションも選んでいます。

夫の「回転式×アームチェア」は見つからなかった

夫は恰幅がよく、耐荷重100kg以上という条件を満たすイームズチェアに限ります。さらに夫は、私と息子よりも太ももに厚みがあります。そのため、テーブルの高さからこの分だけ座面を低くしないと狭すぎます。式に訳すと”高さ60cm -太もも20cm =イス座面40cm”と表すことができます。このことから、夫のイームズチェアは座面の高さが40cm前後のものを選びました。

ただし、これらを満たす「回転式のアームチェアタイプ」は、イームズチェアに見つけ出すことができませんでした。もちろん、回転式のアームチェアはたくさん販売されているのですが、耐荷重が小さかったり、座面の高さが合わないものがありました。ですので、夫には「回転式」または「アームチェアタイプ」という、どちらか一方のイームズチェアを選んでもらうことにしました。

Sponsoring

ちひろはクッション性のあるシェルチェアタイプ&ラウンジチェアタイプの2候補をエントリー

私は細身なので、座っても痛くなりにくいクッション性のあるラウンドチェアタイプを、2つ選びました。

4歳息子には深く座らないラウンジタイプを

4歳の息子については、シェルチェアだと腰が深く入ってしまい、姿勢に良くなさそうなので、あくまでも姿勢に配慮したイームズチェアを選びました(姿勢については個人的観測によるものです)。この点は、ラウンジチェアタイプを選べば解決するのではないかな…?一般的なシェルチェアにするならクッション付きのものを選びます。要するに私が選んだものと同じものを息子に買います。こうすることで、おしりが沈んでしまうのを防ごうと思います。

ダイニングチェアまとめ&次回「作業デスク用チェア」のおしらせ

スツールタイプのイームズチェアもとにかく可愛い!だから、家中の至る場所に置いておきたいと思っています。私達家族は折りたたみできるものならすべて折りたたんでおきたい志向性です。通常のイームズチェアは折り畳めない、重ねることさえもできないですから、そんなイームズチェアをいくつも選ぶなんて、あなたもそう思いませんか?私はスツールタイプの虜になっております。今後は、椅子が増えていくのだろうな。

さて次回は、作業デスク用チェアについて厳選した椅子をご紹介します。これについても家族それぞれの好みや必要な形状がありますので、こだわり抜いて選びました。玄関用ベンチ・アイロンがけなどの家事台・PCデスク用チェア・キッズチェア…。私達は、椅子に重きをおいてインテリアを考えているのだなぁと、気がつくきっかけとなりました。ぜひご覧くださいね。

Sponsoring
タイトルとURLをコピーしました